安心の二重整形を望むなら銀座の美容外科を選択するのも良い

まずはカウンセリングで相談しよう

二重整形は美容外科での定番施術となっており、これまで整形に縁が無かった方でも比較的気軽に受けられるようになっています。施設環境が充実している東京を見れば、特に銀座などは二重整形に定評のある美容外科が多く、各所で得意としています。それぞれに実績のある医師が在籍しているので、東京で施術を受けるのなら銀座の施設から選択するのも良い判断です。施術で用いられる形成方法は、手軽な埋没法と切開法があります。どちらもきれいなラインを形成できるので、医師と相談しながら選択すると良いでしょう。施術を受ける際には必ずカウンセリングが設けられ、患者さんの希望する施術を確認した上、施設側が様々な説明をしてくれます。まぶたの状況や患者さんのお悩みに従い、埋没法が良いのか切開法が良いのか適切なアドバイスも行ってくれるので、状況に適した施術を受けられます。

手軽さを優先させるなら埋没法で

埋没法は、まぶたに対し糸を使用してラインを形成していく方法になります。皮膚そのものにライン形成を施すわけではないため、施術後に元に戻すこともできるライトな施術です。まぶたに糸を縫い付けてラインを作っていくことになりますが、縫い方や糸を留める回数などは複数の種類があり、施設でアプローチ法が違ってきます。ただ、どのような手法を選択したとしても、比較的短時間で安全に施術を受けることができるため心配には及びません。施術メニューから留める回数を選択でき、施設によって1点留めから4点留めを提供しています。銀座にはより頑丈な6点留めを提供しているところもあります。留める回数が多くなるほど取れにくいラインを形成することができます。受ける際には、手軽さを求めるのか耐久性を求めるのかをはっきりさせて選択すると良いでしょう。

ずっとキープ出来て自由度も高い全切開法

切開法はその名の通りまぶたにメスを入れてラインを作っていく施術です。施術してしまえば一生涯ラインを保つことができるため、確実な変化を望む方に向いています。まぶたを切開することに抵抗を感じることもあるでしょうが、美容医療の中では確立されている施術であり、どの施設も多くの症例を積んでいるので心配には及びません。多くの方が切開法を受けてきれいなラインを手にしています。切開法では、幅広く切開する全切開法と、まぶたの一部を切開する小切開法がありますが、一からライン形成する場合は全切開法を選択するのが定番となっています。二重といっても様々なタイプがありますが、ラインの幅も柔軟に対応できるため、理想のデザインを希望することが可能です。銀座の美容外科でも、これら一連の二重整形に対応しているので、どこで受けても安全と確かな仕上がりを望めるでしょう。